2018年9月18日火曜日

交通工学研究会『ラウンドアバウトマニュアル』の問題

交通工学研究会(2016)『ラウンドアバウトマニュアル』を読んだ感想を連続ツイートしたので忘れないようにブログに纏めておきました。



2018年9月14日金曜日

自転車利用実態調査における東京都の不正行為

9月11日に東京都が自転車アンケートの調査結果を発表しました。

東京都 (2018) 都政モニターアンケート結果 自転車の安全で適正な利用, 東京都. Available at: http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/09/11/01.html (Accessed: 11 September 2018).

同調査には研究倫理の観点から見過ごせない問題が幾つかあったので指摘しておきます。

2018年9月13日木曜日

滝野川市場通り商店街

心地よい商店街は車両通行止めが基本


駅近のスーパーに自転車で買い物。日本の典型的な都市生活の一コマ。


車両通行止め区間の路上アート(水かな?)

なんか面白いことやってるね。

巣鴨地蔵通り商店街のcontinous footwayとsimultaneous green

巣鴨地蔵通商店街の入り口
Entrance of Sugamo Zizo-dori shopping street

2018年9月12日水曜日

Wikipedia「自転車道」を編集しました

前回の「自転車歩行者道」に続いて今度は「自転車道」のページを大幅に編集しました。

私が加筆する直前の版
Wikipedia「自転車道」(2018年7月28日)

私が加筆した版
Wikipedia「自転車道」(2018年9月13日)

※ Wikipedia「自転車道」はこのブログ記事を公開した後にも何度か私自身が編集を加えています。上のリンクは編集後の最新版に随時再設定しています。


主な編集内容


特に海外の自転車道については、従来の版に出典不明の怪しい記述が散見されたので、新たな参考文献を大量に追加して本文の質・量ともに充実させました(従来の版は、信じがたいことに日本語以外の参考文献を1本も引用していません。記述の全てを、日本人のフィルターを通した文献に依拠しています)。

日本国内の自転車道については、以前編集した「自転車歩行者道」と同じく、自転車道のメリットに一切触れず、ネガティブな面のみを取り上げている箇所があったので、中立性を取り戻すために「歩道通行率の大幅な低下」という側面を追記しました。


残したままの課題


以上のような編集を加えましたが、現時点でも気になる問題が2点残っています。

第1に、記事には海外の自転車インフラの写真が大量に貼られていますが、そのうち幾つかは自転車道とは関係ないものです。これは整理すべきだと思います。

第2に、海外では自転車道の代わりに自転車レーンやバスレーンが整備されているという節がありますが、これらは別記事に分割した方がスッキリするだろうと感じています。

2018年8月26日日曜日

亀戸駅前の自転車道は何メートル幅で整備すべきだったのか


日本では自転車道(や歩道上の自転車通行空間)が幅員 2.0 m で建設されることが多いです。これらは道路構造令の最低基準(10条3項)を機械的になぞったものと思われます。

しかし、道路管理者が有効幅員 2.0 m のつもりで設計した自転車道の【体感的な】幅員は、柵や縁石からの圧迫感がある分、物理的な幅員より狭くなりがちです。

2018年8月24日金曜日

道志みち・横山トンネル工事現場の様子

道志みちの相模原市緑区青根に新設されるトンネル

今年7月下旬に山中湖方面からMTBで帰ってくる時に撮影しました。

2018年8月20日月曜日

Wiktionaryの “door” を編集しました

英語の “door” は自転車界隈では「車のドアを突然開けて衝突事故を引き起こす」という意味で動詞化しており、受動態でも能動態でも、動名詞としても使われています:

KushCam (2016)
Foodora Cyclist gets Doored on Bay Street
(ベイ・ストリートで料理配達の自転車が突然開いたドアに衝突)

Bowden, A. (2017)
Police officer deliberately doors thief riding Boris bike
(警察官、ボリス・バイクで逃げる泥棒をドア開けで足止め)

O’Neil, L. (2017)
Toronto introducing new rules to cut down on cyclist dooring
(トロント、自転車のドア衝突事故を減らすため新ルール導入)

この語義はWikipediaの姉妹プロジェクトであるWiktionaryの英語版はもちろん、日本語版にも2015年2月28日の版から(英語版の翻訳という形で)採録されていますが、その語釈が明らかに間違っていたので修正しました。

2018年8月18日土曜日

「世界の潮流から外れる日本の自転車政策」の発表スライド

2018年7月8日に文京学院大学で開催された交通権学会で口頭発表をしました。その際に使ったスライドを公開します(発表後に若干の修正を加えています)。


「世界の潮流から外れる日本の自転車政策——過去の経緯と今後の課題の概括」

読み上げ原稿はスライド下部の歯車アイコンから “Open speaker notes” で表示できます。スライドには書き切れなかった補足や詳しい出典などもここに入れてあります。


発表の概要

学会に発表を申し込んだ際に提出した概要です。
世界では、渋滞や運動不足の対策として自転車の利用を促進する都市が増えている。その手段として重視されているのが、自転車を誰でも使える移動手段にするための、主観的にも客観的にも安全な通行空間整備である。特にニューヨークは、従来の施策方針から大転換し、車道から構造的に分離された通行空間を整備することによって、自転車の交通量や安全性、自転車利用者の多様性を向上させている。

一方、日本では2008年の有識者懇談会以降、「自転車は歩道より車道を通行した方が事故リスクが低い」との認識が広まり、車道上を自転車通行空間とする施策が増加したが、その根拠となった研究には結論ありきのチェリーピッキングをしているものが多く、安全性の正確な評価が為されていない。また、通行空間の安心感が軽視され、一般的な自転車利用者にはあまり恩恵が及ばない整備事例も散見される。

本発表では日本におけるこうした自転車政策の歪みを詳しく取り上げ、真に安全で快適な自転車通行環境の実現には何が必要かを論じる。


3行でまとめると

発表の核心部分は、日本の自転車政策がおかしなことになった経緯についてです。それを3行でまとめると、
  1. 歩道通行政策から脱却する過程でノイジーマイノリティーから圧力を受けた
  2. 彼らの主張に同調した研究者らが不正行為によって歪めたデータを提供した
  3. 国土交通省や警視庁がそれらを鵜呑みにしてインフラ整備方針に反映させた
概ねこのような流れです。

もちろん、これがそのまま因果関係であるとは限りません。逆の解釈も可能です: 国土交通省と警察庁が予め施策の大まかな方向性(自転車道は極力整備させず、車道空間を温存する、など)を決めておき、それに都合の良い主張(「自転車道は不要」)をしている団体・有識者らを検討委員会に取り込んだという可能性です。


関連資料

国土交通省・警察庁の自転車ガイドラインについての意見
発表の冒頭で触れた、国土交通省ほかに送付した意見書を紹介している記事です。PDF原稿へのリンクがあります。

「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」についての意見
Cycling Embassy of Japanのサイト内特設ページ。上と同内容のPDF原稿を公開しています。

2018年8月12日日曜日

マラソンのペースと時速の換算グラフ


最近ランニングを本格的にするようになって1kmペースという速さの単位で混乱していたので時速との関係を視覚化してみました。グラフ作成に使用したソフトはGrapher 2.6とGIMP 2.8.22。使用フォントはグラフ右下に書き込んであります。