2014年11月29日土曜日

Rの非線形回帰分析によるスポークテンションの推計

スポークテンションメーター(TM-1)

2014年11月29日 文章を修正

Park Tool のスポークテンションメーターは、ポインターが指示した目盛りの数字を換算表で張力(kgf)に変換して使いますが、一々換算表と首っ引きで作業するのは面倒だし、16.75のような半端な値は変換できません。そこで、表計算ソフトでTM-1の指示値を自動で換算値に変換できるように、指示値と換算値の対応関係を基にして近似モデルを作る事にしました。

Shimano WH-RS21のレビュー

シマノWH-RS21

ゆったりポタリング(*)する程度なら十分満足できるホイールです。
カタログ数値に表われない意外な利点も有りました。

* ここで言うポタリングには平地160kmライドや山岳120kmライドなども含みます。

おたふく手袋の長袖インナーは8分袖

おたふく手袋(2014)冷感・消臭パワーストレッチ
長袖ハイネックシャツ JW-625 Sサイズ(実測重量 118.4 g)

今年の夏におたふく手袋の長袖インナーシャツを買ったのですが、
袖が妙に短かく、手首が日焼けしてしまいました。
他社の長袖インナーと比べたところ、8分袖である事が分かりました。

2014年11月27日木曜日

自転車道の工費を切り詰めるアイディア

いちど縁石や柵でバッチリ区分しちゃうと作り直しが大変。
(東京都三鷹市かえで通りの自転車道)


樹脂製のポストコーンだとポストコーンが意外と高く付く。
(画像の出典:Bike Arlington - Bicycle Facilities, Protected bike lanes)
2014年12月4日追記 ポストコーンも設置間隔を広げれば費用を節約できますが……。


だったら……

名前の無い交差点

沿道の駐車場などに出入りするクルマが歩道や自転車道を横切る場所は、

動線が「交差する点」という意味では「交差点」ですが、

こういう交差点を指す名前って何か有りましたっけ?

2014年11月25日火曜日

議会進行の言語形式

なんで「質問」と「回答」という形式なんでしょうね?
それならYahoo!知恵袋でやってろよって思います。

2014年11月24日月曜日

歩行者を生活道路の主役にするには

歩道の無い生活道路で、
歩行者を主役に、車を脇役にする為に
思い付く方策を列挙していきます。

(@hirota_kazuさんのツイートから着想を得て)

2014年11月22日土曜日

福岡の自転車レーン整備実験のデータを統計ってみた

福岡市の国道385号の自転車レーン整備実験の報告書に面白いデータが出ています。

ふるさと納税制度を活用した自転車インフラの整備

大阪・堺市が、ふるさと納税制度が適用される基金を設立して、
自転車のマナー教室など、ソフト面の政策に活用しています。
堺市自転車環境共生まちづくり基金

もしこの枠組みで寄付金がインフラ整備にも回るなら、
寄付者の市民の側から、自転車インフラの仕様について、
もっと直接的に、強力に注文を付ける事もできそうですね。

2014年11月21日金曜日

CROWと国交省のガイドライン比較——通行空間の構造分類と通行ルール

自転車レーンの幅員についての指針を
オランダと日本それぞれのガイドラインで比較してみました。

2014年11月20日木曜日

【メモ】自転車レーンの事故率の文献

車道の端をペイントするだけで実現できる自転車レーンは
安価かつ迅速に導入できる走行インフラとして注目されていますが、
「自転車レーン」と名の付く物なら何でも良いわけではないようです。

私はまだソースの論文の中身を読めていないのですが、
とりあえずリンクだけ貼っておきます。

2014年11月21日 文章構成を整理
2014年12月27日 デンマーク論文について追記【重要】

アームスフォートの路面清掃車

路面清掃車(燃料は天然ガス)
2010年8月に現地の商店街で撮影

2014年11月19日水曜日

自転車政策への反対運動を乗り越える



ニューヨークのプロスペクト公園西地区に自転車レーンが導入された時、
さまざまな反対運動が起こりました。どうやってそれを乗り越えたのでしょうか。

スムース・レッド・アスファルト



塗装ではなく、最初から赤い砂利を敷いて作ってるんですね。
これなら色が剥げる心配は無さそうです。

動画投稿者による解説記事
http://www.aviewfromthecyclepath.com/2011/06/rolling-out-red-carpet-for-cyclists.html


2014年11月23日追記

舗装材についてのもっと詳しい解説
http://wiki.coe.neu.edu/groups/nl2011transpo/wiki/794d3/14_Red_Asphalt_Pavement.html

2014年11月18日火曜日

沼袋とユトレヒトの商店街道路

沼袋1号踏切

西武新宿線の地下化に合わせて拡幅が計画されている沼袋駅北口の商店街です。

2014年11月16日日曜日

2014年11月13日木曜日

合唱曲のフレーズ末子音のタイミングずれについて

ヨハネ受難曲 BWV245 第1曲 合唱 第31小節

私は合唱だろうがJポップだろうが歌詞を言葉として聞くのが苦手で、
母音も子音も全部「楽器音の表情付け」くらいにしか認識してないんですが、
(なので何回聴いても歌詞を覚えられないし、
詞と曲の相乗効果も全然分からない。)
歌声を純粋に楽器音として聴くと、
なぜフレーズの最初や途中のタイミングはバッチリ合うのに
最後の子音のタイミングはズレやすいんだろうと気になってしまいます。

2014年11月12日水曜日

自転車に優しい都市・世界ランキング(2013)

コペンハーゲナイズ・デザインカンパニーが去年2013年にまとめた
自転車に優しい都市の世界ランキング(上位20都市)に
東京名古屋が入っていました。ミュンヘンモントリオールと並ぶ順位です。

2014年11月11日火曜日

方言の文法がアニメの脚本を左右した例(?)


selector infected WIXOSS 第5話で
〈バトルに3回負けると願いが反転する〉という秘密が明かされましたが、
反転した内容が具体的にどうなるかについては興味深い多義性が見られました。

2014年11月9日日曜日

JR東日本には危険学の思想が浸透していない?


いま読んでいる
畑村洋太郎(2006)
『危険学のすすめ——ドアプロジェクトに学ぶ』講談社
に電車のベビーカー挟み発車事故の話が出てくるんですが、
畑村さんと共同で事故の再現実験までしたJR東日本は、
その後、危険学の思想をあまり活かしていないように見えます。

杉並の路面清掃車


ロードバイクによる旅行速度調査

ママチャリに続いてロードバイクでも旅行速度を調べました。
行き先はまた別の図書館です。

ママチャリの旅行速度の走行場所による差異

一昨日から昨日にかけて発生していた blogger の
「サーバーが見つかりません」問題は解消されたようですね。
良かった良かった。

さて、先日シングルスピードのママチャリで図書館に行った時、
行きは歩道、帰りは車道を主体に走って所要時間を簡易的に計測したので、
そこから計算した旅行速度(停車時間も含めた平均速度)をメモしておきます。

2014年11月6日木曜日

「事故率」にご用心

人口がきっかり10万人のA市とB市が有るとします。
どちらの市でも、自転車に乗っていて交通事故に遭う人が
1年間で250人いるとします。

さて、この二つの市の
自転車の事故率 
は同じでしょうか?

2014年11月5日水曜日

企業向けキャンペーンという手も有りか

いまロンドンでは、
構造分離型の自転車レーン路線の計画案に、
企業経営者が続々と賛同を表明しています。

賛同を表明する企業がここ数日で洪水のように増えている。
画像出典は Cyclists in the City(但しpngをjpgに変換した)

2014年11月4日火曜日

狭いフィールドで戦う人々

澤田裕さんが「あしたのプラットホーム」というブログの主張に反論しています。

澤田裕(2014年9月25日)
【澤田裕のさいくるくるりん】自転車レーンの設置は、構造分離された自転車道実現の妨げとなるのか?

2014年11月2日日曜日

写真が引用されていました

STOP・ザ・交通事故!!こんな危ない自転車には近づくな!ランキング
というページにこのブログの写真が引用されているのに気付きました。

引用先のページ

引用された写真

こんなふうに引用される事も有るのか。
想定が甘かった。

2014年11月1日土曜日

瓶のラベル剥がしと常識の更新

ガラス瓶に貼られた紙ラベル

昔の瓶のラベルは剥がそうとしても
紙が層状に破けて瓶の表面にこびり付くので
長時間水に浸してふやかす必要が有りました。

ヘクタール

hectare (hect- + are) を
ヘクト・アールと言わずに
ヘクタールと言うんだから、

roundabout を
ラウンド・アバウトと言わずに
ラウンダバウトと言っても良いじゃない。

日経ビジネスにルイガノの広告が載ってた

『日経ビジネス』2014年11月3日号(pp. 110-111)に
ルイガノのクロスバイク(LGS-CHASSE EX)の見開き広告が載ってました。

今までは腕時計とゴルフクラブと航空会社の広告ばっかりな印象でしたが、
いやー、ついに自転車の広告が載る時代になったかー。

ちなみにこの号には、産業向け電源部品メーカーが
子供乗せ電動アシスト自転車に参入する際に採った
ある画期的な戦略の話も載っています。(pp. 34-35)

記事のテーマとは直接関係無いですが、
なるほど、この会社が「回生モーター」と言うと
すごく信頼感が湧くわ。試乗してみたい。