2016年10月28日金曜日

松山市内の自転車環境 (2) 衣山駅周辺


松山市内の自転車環境 (1) 松山空港と空港通

空港から市中心部に繋がる幹線道路(場所)。大型車混入率が高いですが、
自転車通学の生徒はこんな路線でも車道を走るよう指導されてるんでしょうかね?

2016年10月27日木曜日

しまなみ海道ライド (1) 羽田空港

羽田空港

初めてしまなみ海道を走ってきました。せっかくの機会なので松山と岡山の自転車インフラも見学。旅行中に撮影した2500枚弱の写真から適当なものをピックアップしていきます。

2016年10月10日月曜日

判断エラーを招く危険な縁石形状による転倒事故

中野区の文化施設、なかのZEROの北側の道路

4年前に自転車の転倒事故を目撃した現場を調査してきた。車道幅員が約2.5m(左右の街渠エプロン込みでも約3.5m)しかない一方通行路で、車道の端を通行していた自転車が対向自動車との正面衝突を避けようと縁石に斜めに乗り上げて転倒し、歩道路面に打ち付けられた乗員が頭から血を流して動けなくなった事故だ。

2016年10月6日木曜日

2016年10月2日日曜日

イオンモール与野の自転車環境


さいたま市・県道215号の自転車環境

県道215号(2016年4月撮影。以下、晴天の写真も同じ)

県道215号の円阿弥交差点(新大宮バイパス)から八幡通り交差点(中山道)までの区間に整備された矢羽根型路面表示を見てきました。ピーク外の時間帯を見る限り失敗事例です。このインフラについて全体的に感じたのは、区間の途中での沿道アクセス性を考慮しない、急行列車の通過線のようなものという印象です。

2016年10月4日 誤字訂正

2016年10月1日土曜日

疋田氏の最新刊の嘘

疋田 智(2016)『電動アシスト自転車を使いつくす本』(第1刷)をパラパラっと読みました。どうすれば読者に満足感を与えられるかをよく考えて、面白く役立つ情報を盛り込んでいます。

ところで雨の日の自転車について、こんな記述を見つけました。

p.126
 車道を通るのが当たり前の日本以外の諸外国(特に欧州諸国)にとって、さすべえ的な存在は、高速運転の邪魔であり、危険のもとでしかないのだ。
雨の日に自転車に乗る、という際、彼らは、雨具を着るか、あるいは、そのまま濡れていく。少なくとも傘はささない。自転車にのりながら傘をさすという、その発想自体がない。
自転車に乗りながら傘を差す事の是非はさておき、何故こうも疋田さんはすぐバレる嘘を吐くんですかね。重箱の隅突つきですが一応指摘しておきましょう。