2016年6月30日木曜日

『月刊交通』臨時増刊号の感想——並進と自転車横断帯について

道路交通研究会(編)(2013年2月25日)『月刊交通 臨時増刊号 良好な自転車交通秩序の実現のための総合対策

この号に載っている「道路交通法における自転車に係る規定の変遷」に過去の道路交通法の改正とその狙いが簡単に纏められています。

私が以前から気になっていたのは並進禁止(道路交通法19条、道路交通法63条の5)と交差点部の自転車横断帯の通行義務(道路交通法63条の7)の不当さです。この2点について『月刊交通』は一体どう説明してくれるのでしょうか。



並進禁止

私が現行の並進禁止規定を不当だと感じるのは
  • さほど危険ではない交通状況でも関係なく常に並進を禁止している
  • 自転車に乗るという活動の社会的な側面(*)を無視している
  • 自転車の並進に関する海外の法規と比べて厳し過ぎる
  • 並進禁止規定が道路設計者の思考を縛る可能性が有る
    (「自転車通行空間は並進できる幅員を確保しなくても良い」)
からです。

* Mark Wagenbuur. (2014-10-23). "Why cycle alone, when you can do it together?". BICYCLE DUTCH
Indeed, cycling in The Netherlands is really a sociable activity. With some rare exceptions, all infrastructure is built so people can ride two abreast. That gives parents the opportunity to ride next to their children, but everybody else can do it too of course.

オランダでは自転車に乗る事は社交活動の一つなのです。稀に例外も有りますが、全てのインフラは2人並んで走れるように設計されています。そのお陰で親は子供と並んで走れますし、それ以外の人ももちろん並走できます。

関連する過去の記事

しかし道路交通研究会(2013, pp.2-3)は、
  • 並進禁止規定は(ジュネーヴ交通)条約加入を機に設けられた
  • 自転車を含む軽車両が並進することは、その軽車両自体が危険である
  • 他の交通の妨害となるおそれもある
としか説明していません。

1点目を飛ばしてまず2点目の「並進は当の軽車両にとって危険」ですが、左右にふらつきながら走る特性を持つ2輪の自転車であれば確かに、近接しすぎるとぶつかって転倒する事があります。ただ、それは程度問題で、空間が充分に広く、並進する自転車同士が或る程度の間隔を取れるなら別に危険ではありません。さらに荷車や人力車、3輪のカーゴバイクなど、ふらつかない軽車両も有りますから、並進する軽車両自体にとって危険という主張は説得力が無いです。

(ちなみに車や原付の並進については道路交通法68条が、危険や迷惑にならないならOKと書いています。何この差。)

3点目の「他の交通の妨害となるおそれ」は、1点目で触れているジュネーヴ条約の趣旨を無視した横暴な議論です。

Wikisource "Geneva Convention on Road Traffic"

Article 16
2. /* 中略 */ (b) Cyclists shall proceed in single file where circumstances so require and, except in special cases provided for in domestic regulations, shall never proceed more than two abreast on the carriageway;

自転車利用者は状況により必要な場合は一列で通行しなければならない。また、国内の規則で定めた特別な場合に該当しない限り、車道では3台以上並んで通行してはならない。
他の交通を妨害する場合については条約も並進禁止を定めているんです。ところが日本の道路交通法は、他の交通の妨害にならない場合にまで、然したる根拠も無く並進禁止規定を拡大してしまっています。

また条約は、自転車が車道上を通行する場合について3台以上の並進を禁じていますが、日本の道路交通法は車道以外の場所も含め全ての環境下に並進禁止を拡大しています。

一応、標識の設置によって並進を許可するという規定も道路交通法63条の5に用意されているわけですが、現実にはその標識は極めて稀です(私は一度も現物を見た事が無いです)し、交通状況に応じた柔軟な対応もできません。

条約加入を隠れ蓑に自転車の振る舞いを不当に制限した、と言わざるを得ません。



交差点の自転車横断帯

交差点で歩道と歩道を繋ぐように引かれている自転車横断帯が有る場合、車道を通行してきて交差点を直進しようとする自転車もそこを通らなければならない、というのが道路交通法63条の7の規定(についての警視庁の現在の解釈)です。

黄色い破線が警視庁が指示する交差点の直進方法
(図の出典:警視庁「自転車の交通ルール」)

この規定と解釈は、その走り方では却って車にぶつけられる危険が大きくなるのではないかと、近年のスポーツ自転車ブームで車道を走り始めた、交通法規に関心のある多くの人々を悩ませてきました。(実際、それが全国各地の警察による自転車横断帯の一斉撤去に繋がります。)

自転車横断帯の導入(1978年)は自転車の歩道通行の容認(1970年)に続く施策なので、私は
  • もうこの当時は自転車が幹線道路の車道を通行する事を想定しなくなっていたのではないか、
  • 自転車横断帯の通行義務から車道通行の自転車を除外するのを忘れていたのではないか、
とも思ったんですが、交差点での自転車横断帯通行義務を定めたまさにその63条の7で、2項に(車道からの)交差点進入禁止規定が有るんですよねえ。

という事は、当時の法改正に関わった人は、いま盛んに危険だと言われ、自転車横断帯の撤去の根拠になっている問題のある通行方法を、逆に安全なものと考えていたという事になります。

これについて何か説明が有るのではと期待したんですが、残念ながら自転車横断帯の導入についての記述で道路交通研究会(2013, p.9)はこの問題に全く触れていませんでした。

重要な問題への言及を避ける一方、63条の7の1項と2項で適用対象が異なる点(1項は「自転車」、2項は「普通自転車」)については、歩道を通行できない非・普通自転車にまで対象を広げてしまうと、非・普通自転車は交差点の手前でそれ以上前に進めなくなってしまうからだ、と説明していました。そんなんどうでもええわ。